中古バイクの探し方情報まとめ

中古バイクが欲しいなぁと思ったら、昔であれば近くのバイクショップを回ったり本屋にある分厚いカタログを手に取って調べるのが主流でした。でも今はネットの時代です。中古バイクを探すなら、インターネット検索という人が増えていると思います。

 

中古バイクの個人オークション購入

中古バイクのインターネット検索方法として、ポータルサイトと呼ばれる中古バイク検索サイトだけではなく、中古バイクをネットオークションで車体を探して、購入を検討しているという人もいるでしょう。ただ、これも良し悪しがあって、コメント欄が炎上していたり、取引後にトラブルになったというケースも少なくないようです。

 

中古バイクの選び方

中古車の選び方については色々とポイントがありますが、下記ポイントを絞り込んでおくと、検索がスムーズに行くと思います。

  • 気になる車種を出来るだけ絞り込む
  • 中古バイクの相場を把握する(距離、年式など)
  • 出来れば同じ車種を一度見ておく

この3つがポイントだと思います。バイクは安い買い物ではありませんから、実車を見ることは非常に重要です。上記で書いているのは実車の絞り込みではなく車種の絞り込みです。写真と実車はイメージが違うときもありますので、車種を絞り込むにあたって実車を見るという意味です。これらが出来たら、バイクショップの人が信頼できるか確認するのがいいでしょう。あと気を付けておく必要がある点として、中古バイクは安さだけで選ばないことです。相場と比較して安すぎるバイクには何かしらの理由があります。中には悪いバイクショップもあって、全然問題がないように説明しておいて実は状態が悪くトラブルが起きることも。メンテナンスはつきものですから、値段とサービス両方もバランスを見てバイク選び、そしてショップ選びを行いましょう。

 

中古バイクの選び方(詳細)

中古バイク選びポイントの概要はこれくらいにしておいて、具体的な選び方を説明していきます。

中古バイクの相場を調べる

これは色々なWebサイトを見て決めていくのがいいと思います。私は中古バイク探しのバイクネットAJをメインで使いました。何も指定せず見ていくと、上下幅はそれなりに出てきて、数十万の差が出ることもあります。年式や走行距離の条件を掛け合わせて絞り込んでいきましょう。中古バイク探しの場合、バイクの状態だけではなくカスタムパーツの有無もポイントと言えるでしょう。車体価格はそこまで安くなかったとしても欲しかったパーツが既に装着されている場合もあり、あとから買い足すことを考えるとお得なケースもあります。あと忘れてはいけないのが総額の把握です。車体価格が仮に40万だったとしても総額で60万くらいになることもあります。遠方であれば陸送費がかかりますし、総額でちゃんと計算しておきましょう。

 

欲しいバイクに詳しくなる

ある程度、どの車種にするか絞り込みが出来てきたら車種について研究しましょう。見た目や走行性能はもちろんですが、バイクごとに癖があって、傷みやすい部分などがあります。場合によってはリコール対応などが起きているケースも。長く乗っていくにはメンテナンスはつきものです。ウィークポイントを踏まえ、見に行った中古バイクの状態をチェックすると見えてくるものが変わるでしょう。バイクに詳しくなると、バイクショップの人の説明も理解出来ます。質問すれば説明してくれるかもしれませんが、理解していた方が話がスムーズですし、騙されるリスクが減ります。先に「カスタムパーツが装着されている場合がある」と述べましたが、バイクに詳しくなることでカスタムパーツが装着されているかどうかもすぐ分かるようになるでしょう。ノーマルの状態や特徴を知っておくことでパーツのメリットデメリットが分かるときもあると思います。カスタムパーツによっては、走行性能が落ちているときもあるので注意しましょう。

中古バイクの実車を見る

バイクの知識を身に付けたら、次は実車のチェックです。これは購入バイクの絞り込みではなく、どの車種にするかの絞り込みのための作業です。そんなの手間だと思う人もいるかもしれませんが、非常に大事です。飲食店でメニューと実物が違ったという経験をしたことはないですか?そこまで極端じゃないかもしれませんが、長く乗っていくのであれば、絞り込み過ぎる前にまず実車を見ましょう。

 

中古バイクを買うには店選びが重要

 

中古バイクを買う時は1台に絞り込むのではなく、バイクネットAJを使って何店舗か候補を用意しておいた方がいいでしょう。何故ならバイクショップによってアフターケアが異なるからです。特に自分でメンテナンスが出来ない人であれば、いざというときに相談に乗ってくれるバイクショップがいいでしょう。バイクショップではカスタムパーツの取り付けもやってくれるところが多いので、得意なメーカーなども把握しておくとより良いでしょう。また、いくつかのバイクショップを候補にすることで価格交渉にも応じてくれることがあります。バイクショップのスタッフは基本的にバイクが好きです。なので話し込んで仲良くなるとメリットは大きいです。笑

 

気を付けた方がいいのは、「今決めてくれたら〇円安くする」というような駆け引きです。これは危険です。こういう話をしてくるバイクショップは早く売りたいという気持ちが強いですし、自身が冷静な判断を出来ない状態だと思います。即決を求められたとしても、基本的には一度持ち帰って冷静に検討。それでもし本当に売れていたなら、希少車を除き、次を探すという気持ちでいきましょう。

 

買ってはいけない中古バイクの特徴

中古バイクの一番のリスクは、どこかしらが傷んでいる可能性があるということではないでしょうか。新車ではないのでしょうがないことですが、車体の正しい見極めは非常に重要です。バイクネットAJに載っている店舗は良心的な店がほとんどだと思いますが、中には見落としや説明漏れもあるかもしれません。なので、自身の知識を高めることも重要です。具体的にやめた方がいい中古バイクの特徴をいくつかまとめてみました。

・外観に傷が多い

・各種チューブにオイルのにじみがある

・ハンドルが左右対称ではない

・不自然な補修後がある

・サビが目立つ

・がたつきがある

 

「そんな当たり前のことかよ」と思われるかもしれませんが、基本のポイントを抑えるのは非常に重要です。どうしても実車を見ると浮かれてしまったり、ショップの店員さんのセールストークで冷静な判断が出来なくなってるケースもあります。オイル漏れ1つだけでも細かく見る箇所は複数ありますが、見る視点を抑えておくことが大事だと思っています。上記のポイントを踏まえ、気になった点があればショップの店員さんに質問。納得する回答が得られない等もやっとすることがあれば見送りましょう。

 

中古バイクの探し方まとめ

インターネットの進化で多くの情報を手に入れることは用意になりましたが、高額商品は実物を見て選ぶ人がまだまだ多いのが実情です。VRなどが進化すれば、自宅で車両チェックが出来る時代が来るかもしれませんが、きっともう少し先のことでしょう。(笑)

バイクネットAJを始めとしたインターネット上の中古バイク情報でベースの知識や中古バイクの絞り込みを行い、最終的にはバイクショップで確認という組み合わせが結果的には一番効率的であろうと考えます。あと、これは全て効率的に考えるのではなくバイクショップとの交流というのもバイクの楽しみ方の1つだと思っています。せっかく長く中古バイクに乗っていくならば、ショップの人との交流も楽しんでいってみてはいかがでしょうか。